今年で7回目となる京都国際写真展へ!!!!

 

 

国内外のアーティストが京都市内のいたるところを会場にして

 

 

 

様々なテーマの写真がみれる贅沢な内容だ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

建仁寺ではアルフレール・エールハルト!!!

 

 

ドイツのバウハウスで学んだ前衛写真家!!

 

 

自然哲学を写したとても綺麗な作品達、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

どの会場もさすが京都と言いたくなるような場所での展示、、、、、

 

 

 

 

 

 

このような建物や、二条城、日本家屋などが会場になっているのでみているだけでも楽しい!!

 

 

 

 

次はアルバート・ワトソン!!

 

 

被写体は若き日の坂本龍一や、、、

 

 

 

デビットボーイ!!!

 

 

 

 

ジャガーになったミックジャガー!!!

 

 

などなど沢山の著名人のポートレイト!

 

 

50年の経験を閉じ込めた見ごたえのある内容でした!

 

 

ピエール・セルネ。人々を被写体に撮った作品が印象的!

 

 

 

 

 

被写体にはヌードのカップルを用いた作品や、

 

 

コンテンポラリーダンスを取り入れたショートムービーもあって長居してしまいました・・・・

 

 

 

全部で11会場で、約半分くらいしか見れなかったが、

 

 

とても貴重な作品が見れたので満足です!!

 

 

言葉以上にメッセージ性がある作品がとても刺激になった!!!