11年ぶりの個展、ジュリアン・オピー!!!!

 

 

 

 

 

 

点と線という最小限の要素で人物、風景を制作!!

 

 

シンプルな要素でもその人物の違い、特徴がわかるのがとても面白い!!!

 

 

 

 

 

デジタル作品(実際は動いてました)も人により

 

 

走り方、歩幅も違ってずっとみてられる!

 

 

 

 

 

 

 

立体の作品も、単純!簡素!!

 

でも、その人物像がわかる作りなのでおもしろい!

 

 

 

 

 

 

近年は平面だけでなく、立体、LEDなど様々な要素で表現をしている。

 

 

オピー自身は日本の浮世絵、アニメのセル画コレクターらしいので

 

 

作品に影響しているところもあるらしい、、、、。

 

 

 

 

 

 

イギリスを代表する芸術家の現在進行形を是非身近で感じてみては!!!