以前、行った展示の紹介

 

 

マルセル・ブロイヤーはモダニズム建築家、家具デザイナー

 

 

 

 

 

彼が座っているワシリーチェアーは、

 

 

曲げた金属を使った当時は画期的なデザイン

 

 

展示には、椅子、家具、そのほかに

 

 

ブロイヤーの精神がしっかり展示されていた

 

 

 

 

 

金属と木でできたテーブルも素敵

 

 

 

 

 

どれも機能的、シンプルな構造に見えるが、

 

 

デザインの本質的なものをしっかり表現している

 

 

 

 

もう一つ面白いのが、仮面をつけて

 

ワシリーチェアーに座った女性の写真

 

 

 

 

 

曲線のイメージの女性と

 

 

直線イメージの鉄仮面が同じ一枚に収まっているのは

 

 

ちぐはぐに見えておもしろい

 

 

当時のアヴァンギャルドシーンが垣間見れる1枚だ

 

 

 

 

もし、雑誌等で見かけたらチェックしてほしい