フラワーアティスト、東信さんの展示会を観に行きました

 

 前に紹介した 青山「POOL]にて、期間限定、展示、販売もしている!

 

 

 

10401971_675507889185476_4119912676134599078_n                                   10491185_675507919185473_41494078545304399_n

 

 

 

 

  10469687_675507979185467_3327832313591117789_n                                                10505608_675508232518775_6589586417115816839_n

 

 

 

 

    10449946_679991708737094_978011071763937982_n                                   10516794_671893809546884_8312953411498773379_n

 

 

 

 

                                              0540020000092

 

東信さんの作品集の本から~の本質が書いてある、リンクしたので紹介するよ

 

東信を説明する時、外せないキーワードがある。それが PUNK!だ。

 

一般的なパンクのイメージといえば、反体制的、アナーキー、破壊的・・・等々。

 

しかし東の作品やその活動を振り返ると、そうしたニュアンスに収まりきれない事実にぶつかる。

 

本人も時にいわゆるパンク敵なイメージを使うこともあるが、

 

そのようなパンクの理解では説明の付かない作品が多々ある。

 

パンクという言葉は、記号としてわかりやすさの反面、誤解を非常に生みやすい。

 

その先の本意を理解でする手前で表面的な納得で済まされてしまうことがある。

 

それもよしとする、分かる人さえ分かればいいというスタイル」もあるだろうが

 

植物の生命を「絶って生かす」東信の姿勢とは異なる、何より、そんなことは花や植物が許してくれない。

だからここで明確にしておかねばならない。東にとってのパンクとは何かを。

 

それは「現状をよしとせず、壊して、未来を掴みかかる行為」である。

 

ファッションとしてのパンクでなく、精神としてのパンク。

 

常識やて停滞を壊すのはもちろん、何より自分自身を壊していく。

 

既成観念なんか糞食らえと心の内に静かな熱を抱き続ける、

 

その姿勢こそがパンクであり、東信が『花を生ける」原点だという!

 

 

 

 

      IMG_5052                          IMG_5053

 

 

 

   IMG_5049                                      IMG_5056

 

 

 

 

  IMG_5058                   IMG_5057

 

 

 

 

 

   IMG_5059                                 IMG_5061

 

 

 

かっこいいね! 参考になるよ