ディター・ラムス、ウィツゥ、は

  ひとつの家具でなく{システムを作ろうというアイディア}から始まった

      シェルフ・システム!

 時代遅れにならないデザインという興味深い実験!長く使える物作り!というシステム、、

      

世の中にある製品はマーティングなどを通し流行や消費者の時代の流れに合わせて変え

商売、販売、することが一つのセオリーであるのですが、

ディター・ラムスの作った606シェルフ・システムは51年経った今でも多くのファンに

愛されその姿は継承されている!

 

         

            

 

     シェルフ・システムはどんな外観でも馴染む部屋の大きさ合わせて好みの形に変える

     ことができる!!!

 

    、世の中の多くの企業が多くの消費者に受け入られる商品を

     作ろうと躍起になって流行を追いまたは流行をつくりあれこれ商品を作り変えて

     売っては止め、売っては止めの繰り返しにあえて世の中に迎合せず自分達

      のスタイルを変えない所!職種は違うけどすごいと思う

最近、ディター・ラムスのカタログ、グットデザインを作る考え方にハマっている!

 

  まだまだ断片的につまんでいるだけで本質的な理解にはなっていないと思うけど

 自分達の仕事に共通するものがあると思うので参考にしたい!